ワークショップ参加者にパフォーマンス跡を見せるイシャイ・ガルバシュ

2月27日:Yishay Garbasz滞在成果報告会

イシャイ・ガルバシュの2ヶ月間におよぶ滞在の活動と今後の展望をアーティストとキュレーターで発表しました。 イシャイ・ガルバシュによる展覧会『The long story of the contacts of “the other side”』については、こちらをごらんください。 滞在中に新しいプロジェクトを2つ進行しはじめたイシャイ・ガルバシュ。今回はそのうちの一つのプロジェクトを説明するため、過去の関連する作品の説明を行いました。過去の作品の内容は、母親がホロコーストにて腕に施されたナンバリングをアーティスト自身にも施すというもの。母親は過去との会話を断絶させるためにナンバーを腕から消去し、アーティストはその消されたナンバーを自分の腕に施すとこで、人々の視覚に触れやすくし、過去との会話を継続させている。 実際に参加に焼印の跡を触れてもらったり、どのような経緯で作品が実現したのか、アーティストとしてその後の生活の送り方などを交えて報告がなされました。 イシャイの過去の作品の説明の後は、本企画のキュレーターで、次回作はアーティストとしても共同制作をするユミソンから、プロジェクト全体の説明がなされました。制作途中の次回作の映像をワークショップ参加者に見てもらい、質疑応答や、どのように実現可能なのかなどの意見の交換などが活発に行われました。ワークショップは16時までの予定でしたが18時すぎに一度終了をし、残った参加者にて、夜半過ぎまで活発に議論や意見交換が続きました。 次回作は、『Throw the poison in the well(井戸に毒を投げる)』というタイトルで、憎しみや不安の感情がどのように視覚化されるのかがテーマとなっており、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭のサテライトイベント『KG+2016』にて発表されます。 ワークショップ日時:2016年2月27日[土] 14:00から16:00 発表者:イシャイ・ガルバシュ、ユミソン 通訳・協力:小淵由紀子、松村美穂

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this page
calltoedit2016

3月5日:2016 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon

美術史を書き換えるお手伝いをします。ベクソン・アーツ・京都で、3月5日(土曜日)、今年3回目となるアート+フェミニズムウィキペディアのエディタソンに参加しましょう。日本からは初参加。ブランチをしながらミートアップしましょう! もちろん男性の参加も大歓迎です!性別問わず歓迎!!!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this page
ケベック

12月27日:岸井大輔さん基礎戯曲講座:ベケットは何を招いたか

演劇に興味がある演劇人以外のアーティストのための基礎戯曲講座−7ベケット「しあわせな日々」  下記基礎戯曲講座の第7回です。参加条件は、ベケットの「しあせな日々」を読んでくることです。ベケットは日本では人気があるので、入手はそれなりに容易です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this page
「茶屋建築に求めてゆかなければならぬ」より 撮影:小宮麻吏奈

12月26日:岸井大輔さんトーク:「芭蕉・茶屋・普請」

~劇作家岸井大輔による、日本を批評的に演劇にするシリーズ「始末をかく」についてのトークイベント~ ベクソン・アーツ・京都では、劇作家の岸井大輔さんを招いて、「茶屋」を軸にお話を伺いたいと思います。 岸井大輔さんは、2014年福島県福島市にて行われた芸術祭・アラフドアートアニュアル2014にて《始末をかく2/福島に芭蕉(バナナ)を移植する》という戯曲をもとにした展示を行いました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this page