“Presentation” practical seminar for Artists

kaori-WS
ロンドン芸大講師、本間かおりと英語圏での“プレゼンテーション”のメソッドを学ぼう!
*今回のWSは京都ではなく、東京で行います*

プレゼンテーションの良し悪しは、英語力の高さと比例しません。ロンドン芸術大学のセントラル・セント・マーチンズ (Central Saint Martins)で教鞭を執る、本間かおり(アーティスト, 教育者)と共に英語圏でのコミュニケーションの基本とプレゼンテーションのアプローチを学ぶセミナーです。英語の得手不得手を問わず、効果的なプレゼンテーションを実践することに繋がる方法論を、レクチャーやワークショップ、デイスカッションを交えて楽しく学びます。目的は、自らのアートプラクティスの根底を再検討した先に広がる世界、つまりそれぞれの実践の場を探ることです。

■ 講師プロフィール:本間かおり
ロンドン芸大のセントラル・セント・マーチンズ及びチェルシーカレッジオブアーツの現役講師。
ロンドン在住30年。ロンドンにて大学教育の経験を25年持つアーティスト・教育者。2012年よりアートアクションUKを企画。

■ ワークショップ
日 時:12月27、28 日(水/木)2017年
参加費:7,000円(2日間)、1日のみは5,000円
(参加費の35%はAAUKに寄付されます)
必要な英語力:義務教育レベルの英語力

■ 個人面談のロールプレイ
日 時:12月29日(金)2017年
参加費:5,000円
(参加費の35%はAAUKに寄付されます)
必要な英語力:英語で面談をする意思のある人

定 員:20名まで
締 切:12月20日
場 所:銀嶺会館6階(〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-19)
主 催:ベクソンアーツ( 担当:ユミソン)
協 力:イトウモ

対象とする人:すでに国内でアーティストやクリエイターとして活動をしている、英語圏での活動を予定しているまたは始めた人
用意するもの:筆記用具。プレゼンしたい作品やアイデイアを以下のいずれかの方法でご持参ください。全て揃える必要はありません。

  • ポートフォリオ(10ページまでにまとめたもの) / スケッチブック / ノート
  • 3分以内にまとめた資料(パワポ、映像など)のメモリーステイックあるいはノートPC
  • 作品実物を持ち込む場合、1人で取り扱い可能 / 重量10kg以下 / 1m四方程度を、1点まで

参加希望の方は以下からお申し込みください
https://goo.gl/forms/pbQHFenzWVnkyUzC2
ご質問は以下からお願いします
https://goo.gl/forms/hOnvM7fTHwyOLTky1


12月27日14:00-17:30
・レジスター・ウェルカム
本間かおり紹介、参加者による英語による自己紹介
・講義1 / パワーポイントプレゼンテーション
コミュニケーションの基礎、言語及び、非言語によるコミュニケーション理論とその実践のケーススタデイー等
・デイスカッション及び反芻
・講義 2 / パワ〜ポイントプレゼンテーション
コンテキストの理解とアプリケーション、実践的ワークショップ(英語による簡単なプレゼンの実践)等
・講義3リフレクテイブ・プラクテイスの理論と実践例
White Board/ Flip Chart Key questionnaire 等
セッション終了


12月28日10:30-13:30
・レジスター・ウェルカム
・講義4 / パワ〜ポイントプレゼンテーション
・セルフヘルプ・グループの力
小グループによるサポート及び 相互フィードドバック・フィードバックの受け方の実践方法、等
・プレゼンの実践 とフィードバックセッション
Discussion / Q & A、Reflective Practice 等
セッション終了


12月29日10:00-16:00
個人面談のロールプレイ、一人30分程度、全ての受講者の決定後に個別の時間割を決めます


*ワークショップの詳細は、参加者や講師の都合により、入れ替えや変更の可能性がありますのでご了承ください。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this page